見つかった”イングランドのブスケッツ” ヘンダーソンとダイアーが危険だ

ウェストハムで活躍するライス photo/Getty Images

20歳MFの評価は高まるばかり

今年2月にアイルランド代表からイングランド代表に切り替える決断を下したウェストハム所属MFデクラン・ライス(20)は、さっそく今回のEURO2020予選から代表招集を受けた。ライスのイングランド代表入りは大きな話題を集めたが、なぜこれほど注目されているのか。それはイングランドが求めてきた守備的MFになれる素質を備えているからだ。

英『Squawka』はライスをバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツと比較しているが、ライスは単なる潰し屋タイプの守備的MFではない。185cmのサイズを誇りながら足下の精度も高い選手なのだ。それはデータが証明しており、今季のライスはリーグ戦で1103本のパスを成功させている。これはウェストハムではトップの数字だ。成功率も85.64%と高く、同メディアもゲームのリズムを作れる選手と絶賛する。

そこに加えて守備能力も高い。今季はリーグ戦でレスター・シティMFウィルフレッド・エンディディに次いで多い249回のボールリカバリーを記録。守備的MFとしてボールを奪う能力にも長けている。

「イングランド代表は今のところ守備能力と精密なパスを持つMFを抱えていない。ジョーダン・ヘンダーソンは後者の能力を持っていて、エリック・ダイアーは前者だ。ライスは両方を兼ね備えていて、サウスゲイトの中盤に創造性と守備力をプラスできるかもしれない」

同メディアはこのように取り上げている。リヴァプールでプレイするヘンダーソンは代表のリーダー的存在で、ある程度パスを散らすことはできる。しかし、守備力ではトッテナムのダイアーが上を行く。ダイアーはセンターバックも担当可能なだけあって、強さと高さは一級品だ。ただしライスがこの両方を備えたMFとなれば、ポジションを奪われる恐れがある。イングランドのブスケッツとして20歳のライスが存在感を強めていくことになるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ