ブッフォンはトップレベルではなくなったのか タッコーニ「退く時きている」

マンU戦で3失点したブッフォン photo/Getty Images

CLではミスと言えるプレイも

今季チャンピオンズリーグのベスト16でマンチェスター・ユナイテッドにまさかの逆転負けを喫したパリ・サンジェルマン。ホームで迎えた2ndレグでは3失点を喫したわけだが、自分たちのミスによる失点が多かった。試合開始早々にティロ・ケーラーが出した不用意なバックパスもそうだが、中でもショッキングだったのはGKジャンルイジ・ブッフォンがシュートを正面に弾いてしまった2失点目だ。

名手ブッフォンが正面のシュートをあっさり自身の前にこぼしてしまい、それをロメル・ルカクに押し込まれてしまった。弾くにしても、自分の正面にこぼすのは避けるべきシチュエーションだ。ブッフォンらしくないプレイと言うことができ、ミスと指摘されても仕方がないだろう。

伊『Radio Due』によると、かつてユヴェントスなどで活躍したGKステファノ・タッコーニ氏はブッフォンが衰えてきたのではないかと正直な思いを口にしている。鉄人ブッフォンも41歳となり、引退の時が近いと同氏は感じているのだ。

「チャンピオンズリーグでのミスは、彼が退く時がきていることをはっきりとさせた。41歳で多くのものを期待することはできない」

ブッフォンは昨夏にユヴェントスを離れ、新天地にパリを選んだ。チャンピオンズリーグ制覇はブッフォンがどうしても叶えたい夢の1つだったが、パリでもその夢は叶っていない。パリと契約を延長するかが注目を集めているが、さすがのブッフォンもトップレベルを維持するのが難しくなってきたか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ