原口元気の華麗なるゴールと思いきや…… 妨害した意外な敵とは[映像アリ]

シュートを放つ原口 photo/Getty Images

晴れならば入っていた

ブンデスリーガで下位に沈むハノーファーは、10日にホームでレヴァークーゼンと対戦。先に2点を奪われる苦しい展開となったが、前半33分にビッグチャンスを生み出したのが日本代表MF原口元気だ。

先発出場していた原口はロングボールに抜け出すと、得意のドリブルでGKも華麗に突破。あとは無人のゴールへボールを流し込むだけだった。ところが、ここでトラブルが起こる。吹雪とも表現できる多量の雪だ。この日は雪がグラウンドにも積もっており、原口のグラウンダーのシュートが途中で止まってしまったのだ。

これをレヴァークーゼンの選手が冷静に回収してしまい、原口のゴールは幻となった。冬ならではの光景だが、これに海外メディアも注目している。

英『Daily Mail』は、「原口はGKをかわし、確実にゴールと思えるシュートを打った。ボールはゴールへ向かって転がっていたが、雪に捕まった」と取り上げており、快晴の日ならば問題なくゴールとなっていたであろうことを嘆いている。

ハノーファーは後半に2得点を返したものの、最終的には2-3で敗れてしまった。結果論だが、原口のゴールが決まっていれば勝ち点を拾えたかもしれない。流れは完璧だっただけに、原口としても悔しいだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ