1年目で名手レイナを超える!? リヴァプールの絶対守護神が築く驚異の記録

リヴァプールのアリソン photo/Getty Images

失点する気配なし

リヴァプール史上最高のGKになると言っても大袈裟ではないだろう。今季からゴールマウスを守るアリソン・ベッカーの安定感が恐ろしいレベルに達している。

24日のマンチェスター・ユナイテッド戦はスコアレスドローに終わったが、前半にはMFジェシー・リンガードが最終ラインの裏を突いてアリソンと1対1になる決定的なシーンがあった。リンガードはシュートを打たずにGKをかわすことを選択し、リヴァプールサポーターも失点を覚悟したに違いない。しかしアリソンは素早く体を倒し、手を伸ばしてボールをキャッチしてしまった。このようなシーンで相手アタッカーを倒してPKとなることも珍しくないのだが、アリソンの冷静な判断と技術は見事だった。

結局試合はスコアレスドローで終わり、リヴァプールの今季リーグ戦失点数は未だに15点だ。凄いのはアリソンが達成したクリーンシートの数で、リーグ戦だけで15のクリーンシートを達成している。リヴァプールのGKが1シーズンに15回のクリーンシートを達成するのは2009-10シーズンにゴールを守っていたペペ・レイナが記録して以来のことになる。当時レイナは17回のクリーンシートを達成しており、残り11試合あることを考えるとアリソンがレイナ超えを果たすのも時間の問題に思える。

英『Liverpool Echo』もインクレディブルな1年目を過ごしていると伝えており、アリソンはプレミア1年目とは思えぬ適応ぶりだ。もちろんクリーンシートはGKだけで達成できるものではなく、DFフィルジル・ファン・ダイクを中心とした守備陣の奮闘があればこそだ。しかし今回のリンガードに対応した場面のように、普通のGKなら失点していても不思議はないシチュエーションは数多くあった。アリソンがいかに優れたGKなのか。それはこの1シーズンだけで十分説明できるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ