今ならマンUはPSGに勝てる!? ネイマール離脱、ポグバ復活と好対照

マンUはスールシャールの下で復活 photo/Getty Images

最高の時期に戦えると英紙は期待大

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の抽選会が行われた時、マンチェスター・ユナイテッドとパリ・サンジェルマンのカードは予想しやすいものと考えられていた。マンUはジョゼ・モウリーニョの下で大苦戦しており、チャンピオンズリーグでまともに戦える状況ではなかったからだ。

しかし、今となってはどうだろうか。英『Manchester Evening News』は、良い時期にパリ・サンジェルマンと戦えると自信を見せている。チームはオーレ・グンナー・スールシャールの手によって蘇り、マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャル、ポール・ポグバらがフットボールを楽しんでいる。間違いなくマンUは今がシーズン最高の状態だ。

一方でパリ・サンジェルマンには嫌な空気が漂っている。最初に空気が重たくなったのはFWネイマールが負傷離脱したところで、そこから悪いことばかりが続いている。同じ前線ではエディンソン・カバーニも負傷でマンU戦に間に合わないと見られており、司令塔マルコ・ヴェッラッティもまだ出場できるか微妙な段階だ。

しかも成績も振るわない。リーグ戦では今月3日にリヨン相手に1-2で敗れ、国内カップ戦では下位リーグに所属するヴィルフランシェ相手に120分の熱闘を演じてしまった。今節のボルドー戦も1-0の勝利となっており、リーグ・アンを支配する存在としては納得できないスコアだ。

同メディアが楽しみなポイントに挙げているのはマンUの前線と、パリ・サンジェルマンの最終ラインのスピード対決だ。パリ・サンジェルマンでは今もダニエウ・アウベス、チアゴ・シウバらベテランが重要な役割を担っているが、同メディアはセンターバックのチアゴ・シウバはスピードについていくことができないと指摘。リヨン相手にもパリ・サンジェルマンの守備は振り回されており、マンUにとっての狙い所と考えているようだ。

今となってはマンUの方が優位ではないかとも思えてくるが、このゲームを制するのはどちらなのか。これほど抽選会からチーム状況が変わるカードも珍しいだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ