事故死したサラの9番が“永久欠番”に ナントが発表

生存を祈る声が数多く寄せられたが、遺体で発見された photo/Getty Images

現地時間7日に遺体で発見

ナントは公式Twitterアカウントなどを通じ、故エミリアーノ・サラがつけていた背番号9を永久欠番としたことを発表した。

先月ナントからカーディフへの移籍が決まったサラ。プレミアリーグでの活躍が期待されていたものの、1月21日に同選手を乗せた小型飛行機がレーダーから消えるという衝撃的な事態に。当局による懸命な捜索活動の結果、英仏海峡の海底に沈んだ飛行機が見つかり、現地時間2月7日に同選手の遺体も発見された。

2015年よりナントに在籍していたサラは、同クラブの一員として出場した公式戦133試合で48得点13アシストをマーク。生前の同選手が見せた勇猛果敢なプレイぶりが、世界中のサッカーフリークの心に刻まれることを願うばかりだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ