プレミア終盤はこの”6試合”見逃すな! 優勝争いに影響及ぼす運命のゲーム

優勝狙うリヴァプール photo/Getty Images

ダービーあり、因縁の対決あり

プレミアリーグもいよいよ終盤戦へと突入していくが、現在は26試合を消化しているマンチェスター・シティと1試合消化が少ないリヴァプールが勝ち点62で並んでいる。それを勝ち点差5で3位トッテナムが追いかける構図となっており、内容的にもタイトル獲得の可能性はこの3チームに絞られたと見ていいだろう。

米『ESPN』はこの3チームの運命を分けるゲームが6試合あると特集している。この6試合はタイトルレースに大きな影響を与える可能性が高いのだ。

1.マンチェスター・ユナイテッドVSリヴァプール(2月24日)



何より不気味なのは、リーグ戦においてリヴァプールがマンUの本拠地オールド・トラフォードで勝利を挙げたのは2013-14シーズンが最後ということだ。しかも今のマンUはオーレ・グンナー・スールシャールの下で調子を取り戻しており、簡単にいくはずはない。同メディアはこのゲームをマンUが勝利すると予想している。リヴァプールにとって黒星は相当な痛手だ。

2.エヴァートンVSリヴァプール(3月3日)



現在のエヴァートンは理想的な状況とは言えないが、このカードはプライドをかけたマージーサイド・ダービーだ。前回対戦は何とかリヴァプールが1-0で勝利を収めたが、本拠地でリベンジを果たそうとエヴァートンは燃えているだろう。リヴァプールが優勝するにはここでも勝ち点3を獲得しなければならない。

3.マンチェスター・ユナイテッドVSマンチェスター・シティ(3月16日)



またまたマンUの登場だが、今調子を上げている彼らはタイトルレースに大きな影響を与える可能性がある。このマンチェスター・ダービーもマンCにとって難しいゲームになるはずで、勝ち点を落とす可能性は十分に考えられる。逆にリヴァプールとしてはここまで互角についていくことができれば、勝ち点差を広げるチャンスとなるだろう。

4.リヴァプールVSトッテナム(3月31日)



仮にここまでトッテナムがタイトルレースに食らいついていた場合、このカードは優勝を争う直接対決となる。加えてこの時期にはFWハリー・ケインとMFデル・アリが戻ってきているはずで、トッテナムは盤石の状態で迎えられると予想されている。同メディアはドローで終わるのではないかと予想しているが、このカードは間違いなく順位表に直接的な影響を与えるものとなる。

5.リヴァプールVSチェルシー(4月13日)



このカードが重要視されている理由は、リヴァプールが優勝に近づいた2013-14シーズンの再現となる可能性があるからだ。当時リヴァプールはマンCと激しい優勝争いを繰り広げ、4月27日にアンフィールドにチェルシーを迎えた。ここで起こったのが主将スティーブン・ジェラードのスリップだった。思わぬミスから相手に先制点を与え、試合も0-2で落とした。リヴァプールにとって悪夢の1日となり、今季も終盤にホームでのチェルシー戦を控えているのは少々不気味だ。嫌な記憶を払拭する意味でも重要なカードだ。

6.マンチェスター・シティVSトッテナム(4月20日)



まさに最終局面だ。マンCはもう強豪との対戦が今節のチェルシー戦、マンUとのダービーマッチ、トッテナム戦くらいしか残されていない。トッテナム戦はタイトルレースの行方を左右する一戦となる可能性があり、4月はリヴァプールとチェルシーの対戦を含め波乱が起こるかもしれない。ここが大一番となるのは間違いないだろう。


こうして見ると同メディアがピックアップしたゲームはリヴァプールのものが多い。実際リヴァプールの方がビッグゲームが多く残っており、そこはやや不利だ。今季も頂点には届かないのだろうか。勝負の終盤戦がいよいよスタートする。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ