アザール、モラタやジルーよりもイグアインがお好み? 黄金コンビ結成なるか

イグアインとのプレイを楽しみにするアザール photo/Getty Images

D・コスタと姿を重ねる

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの加入を歓迎している。

イグアインは昨夏にユヴェントスからACミランへレンタル移籍するも、今季リーグ戦15試合に出場して6ゴールと、ここまで思うような結果を残すことができず。わずか半年でミランを退団し、ナポリ時代の恩師マウリツィオ・サッリ監督が率いるチェルシーへのレンタル移籍が今月23日に発表された。

新天地でストライカーとして活躍が期待されるイグアインだが、現在エースとしてチェルシーを支えるアザールがインタビューで同選手について言及。英紙『The Telegraph』など、複数のメディアがコメントを伝えている。
アザールはイグアインを、かつて絶対的なスコアラーとして君臨したスペイン代表FWジエゴ・コスタと姿を重ねているようだ。「ジエゴはワンツーをしてくれるようなタイプのプレイヤーではないが、ボックス内ではいつも驚かせてくれたよ。ゴールを決め、チームを勝利へと導き、最終的に僕らは勝ち点3を手にしているんだ。これは現在の僕らに必要なこと。イグアインはこのタイプのプレイヤーだと思う。彼は中盤やウイングと連携プレイーもできるが、抜群のストライカーになることもできるんだ」と述べた。

さらに「トッテナム戦で僕らは、ノーゴールに終わった。でも、チャンスは多く作っていたし、ハットトリックができるのようなストライカーがいれば、5-1のような大差で終えられていたかもしれない。イグアインはそれを実行できる選手だ。どこでも得点できるトップクラスのストライカーだよ。僕らは彼のことを全て知っている。マドリードやナポリ、ユヴェントスでイグアインは、多くのゴールを獲得している。素晴らしいストライカーだ」と絶賛した上で「ウインガーの僕は、みんながご存知の通りトッププレイヤーと一緒に戦うのが好きなんだ。チェルシーで過ごしたジエゴとの3年間は、僕にとって最高の機会の一つだった。イグアインとも最高になると思う。ジルーやモラタとのプレイも好きだけど、僕のポジション上、ストライカーとなる9番の選手がより良いんだ」と話している。

アザールとイグアインは、チェルシーの黄金コンビになることができるのか。今後は、相手を切り裂く2人のコンビプレイに注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ