点取り屋MFの0トップ起用もあり? トッテナムが考える最前線のオプション

トッテナムのデル・アリ photo/Getty Images

ケインとソン・フンミン離脱

エースのハリー・ケインが負傷離脱し、ソン・フンミンはアジアカップを戦うため韓国代表に合流と、トッテナムは一気に攻撃のキーマン2人を失うことになった。得点力低下は避けられないが、指揮官マウリシオ・ポチェッティーノはこの事態にどう対処するのか。

英『Telegraph』によると、ポチェッティーノが示唆した1つの案はMFデル・アリの0トップ起用だ。デル・アリはMFの中でも高い得点力を秘めている選手で、サイズもあってボールキープも上手い。センスを活かして0トップもこなしてしまうかもしれない。

「先日バルセロナのゲームを見たが、最前線はメッシだった。ジョレンテもプレイできるし、デル・アリもそこでプレイできる。エリック・ラメラも、若いカザイアやパロットもできる。分からないけどね。多くの選手がプレイ可能なんだ。1人の専門ストライカーで戦わないといけないわけではない。チェルシーではアザールがストライカーを務め、ジルーはベンチ、モラタは招集外だった。普段と違うことをしたら指揮官はクレイジーとなるのかい?」

緊急オプションではあるものの、デル・アリの0トップ起用も選択肢としては面白い。トッテナムにとっては苦しい時期だが、ポチェッティーノは大ヒットとなる一手を打てるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ