来季レアルを指揮するのは誰? ペレス会長が1番に望む名将は

ユヴェントスを指揮するアッレグリ photo/Getty Images

大物指揮官に動きはあるか

レアル・マドリードは今季前半戦でフレン・ロペテギを解任し、現在はサンティアゴ・ソラーリがチームを指揮している。混乱状態にあるのは明らかで、来季は再び新たな指揮官を迎えて再出発するとも言われている。

スペイン『El Chiringuito』は、そのターゲットがユヴェントス指揮官マッシミリアーノ・アッレグリだと伝えている。トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノも候補に上がっていたようだが、こちらはレアルのフロレンティーノ・ペレス会長が難しいと判断したようだ。

アッレグリはユヴェントスとの契約が2020年までとなっており、今後の動きが注目されている指揮官の1人だ。ユヴェントスとさらなる契約を結ぶのではといった話題から、マンチェスター・ユナイテッド行きの噂まで様々だ。ユヴェントスで出している結果を考えれば人気が集中するのは当然だろう。

また、アッレグリがユヴェントスを去った場合は元レアル指揮官ジネディーヌ・ジダンが後釜の筆頭候補になる。ジダンはユヴェントスのOBであり、レアルでの仕事ぶりを考えればこれも妥当な判断だ。ユヴェントスにとっては最もスムーズなやり方と言えるかもしれない。

アッレグリは今や世界トップレベルの名将で、アッレグリを中心に指揮官の大移動が起こる可能性もあるかもしれない。今後レアルがどういう動きを見せるか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ