CLで15点も決めるのに C・ロナウドはバロンドールにふさわしくないのか

得点量産するロナウド photo/Getty Images

ユヴェントスSDは疑問

一部報道では、今年のバロンドールにはクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、フランス代表FWキリアム・ムバッペ、DFラファエル・ヴァランの3名が最終候補にノミネートされ、これまで同賞を支配してきたクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシが選外と言われている。

しかし、本当にロナウドはバロンドールにふさわしくないのか。疑問を口にしているのはユヴェントスのファビオ・パラティチSDだ。もちろん同じユヴェントスの人間としてロナウドを評価している部分もあるだろうが、ロナウドはユヴェントスでも相変わらず得点を量産している。

伊『sky SPORTS』によると、パラティチSDは「彼のクオリティを疑うのは愚かでしかない。彼は世界最高の選手だと思うし、フットボールの歴史においても最も重要な選手だ。彼がバロンドールを獲得できないのは非常に奇妙に感じるね。彼は昨季もチャンピオンズリーグで15点も奪っている」と語っている。

確かに1シーズンのチャンピオンズリーグで15点も奪ってしまうのは異常だろう。ロナウドのおかげでレアルがチャンピオンズリーグを制覇したのは間違いない。やはり得点数にフォーカスを当てればロナウドとメッシが群を抜いているのだが、最終的には誰がバロンドールを獲得するのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ