デンベレをどう表現すればいい? 私生活が乱れても決定的な仕事してしまう

チームを救ったのはデンベレ photo/Getty Images

スペイン紙も表現に困る

この気持ちをどう表現すればいいのだろうか。スペイン『MARCA』は、バルセロナFWウスマン・デンベレの活躍に戸惑っている。

デンベレといえば最近もテレビゲームのやりすぎで寝坊し、翌日のトレーニングに遅刻したことが話題になるなど私生活が問題視されてきた。ピッチ外の振る舞いに自覚が欠けており、それが原因でバルセロナがデンベレを手放す可能性があるのではと言われたほどだ。

しかし、デンベレはピッチに出せば決定的な仕事をしてしまう。今節のアトレティコ・マドリード戦では1点ビハインドの展開で投入されると、試合終了間際に貴重な同点弾を記録。首位を守ることに貢献した。しかもGKヤン・オブラクの股間を抜く見事なシュートだった。

同メディアは、セビージャとのスーペルコパ、今季リーグ戦のバジャドリード、レアル・ソシエダ、ラージョ・バジェカーノ戦でもデンベレが後半に決勝点を記録していることを取り上げており、デンベレがチームに欠かせない存在になりつつあるのは間違いない。

私生活の問題を無視することはできないのだが、現状デンベレは貴重な得点源の1つだ。同メディアも批判ばかりすることはできず、デンベレの状況に戸惑っている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ