今季のC・ロナウドは記録更新だらけ? 怪物にかかるセリエAでの様々な記録

ユヴェントスのC・ロナウド photo/Getty Images

早くもセリエAで大暴れ

今夏レアル・マドリードからユヴェントスに加入したFWクリスティアーノ・ロナウドにとって、今季は非常に特別なシーズンだ。セリエA初挑戦ということはもちろんだが、様々な記録がかかっている。

ロナウドは早くもセリエAの環境に溶け込んでおり、リーグ戦では8得点を記録。ジェノアFWクリシュトフ・ピアテクが予想外の活躍で9得点を記録して得点ランク首位に立っているが、ピアテクがこの得点ペースを維持するのは難しいだろう。ロナウドには得点王を狙うチャンスがある。

仮に今季ロナウドが得点王となればプレミア、リーガ・エスパニョーラに続いて3つ目のリーグで得点王を獲得したことになる。これは初めてのことだ。また単純にセリエAを制覇すれば、これもプレミア、リーガに続いて3つ目。伊『Calciomercato』によれば、元オランダ代表MFクラレンス・セードルフのように異なる3つのリーグを制した選手は過去にもいたが、プレミア、リーガ、セリエAの組み合わせはロナウドが初めてになるという。

これだけではない。今季のロナウドにはもっと大きな目標が期待できる。同メディアは今の得点ペースを維持すれば、ユヴェントスのクラブ記録となるリーグ戦35点超えを達成できるのではないかと見ている。ユヴェントスでは1925-26シーズンにフェレンツ・ヒルザー氏が26戦35得点の数字を達成しており、ロナウドはクラブのシーズン得点記録を塗り替えるチャンスがある。

さらにここまでくれば、1928-29シーズンにボローニャのジーノ・ロッセッティ氏、2015-16シーズンに当時ナポリに在籍していたゴンサロ・イグアインが打ち立てたセリエAシーズン得点記録36ゴールの記録更新も目の前だ。同メディアはここまで期待している。

仮にロナウドがセリエAの環境に慣れた後半戦に大爆発すると予想するなら、これらの記録更新も夢ではないかもしれない。これまであらゆる記録を更新してきたロナウドにとって、複数の記録更新の期待がかかる今季は特別なモチベーションがあることだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ