A・サンチェス獲得は失敗だった!? モウリーニョが本当に欲しかったのは

マンUのアレクシス・サンチェス photo/Getty Images

求めていたウイングとは違ったか

マンチェスター・ユナイテッドではアーセナルから今年1月に引き抜いたFWアレクシス・サンチェスが満足なパフォーマンスを発揮できていないことが問題視されているが、指揮官ジョゼ・モウリーニョにとってサンチェスの獲得は本意ではなかったのかもしれない。

そう伝えているのは英『The Times』だ。同メディアはモウリーニョがサンチェス獲得を間違いだったと考えていると伝えており、サンチェスの他に狙っていた選手がいたという。その選手とは、インテルMFイヴァン・ペリシッチだ。

サンチェスはウイングでもプレイできる選手だが、サイドからクロスを放り込むタイプの選手ではない。中へ切り込んでゴールに絡んでいくタイプの選手で、このスタイルがモウリーニョの理想に合っていないと指摘されている。

一方でペリシッチは左右両足を遜色なく使いこなし、縦へ突破してクロスを上げるプレイを得意としている。ロメル・ルカクを中心に高さを活かすことができ、ペリシッチを獲得できなかったことをモウリーニョは今でも悔やんでいるというのだ。

マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャルもサンチェスと同じく、高精度のクロスを蹴るタイプのサイドアタッカーではない。その影響でマンUがルカクの高さを上手く活かせていない部分があるのかもしれない。サンチェスの状態を考えると獲得は失敗だったか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ