バイエルンが”格下”としてドルトムントへ! 変わるライバルの関係

苦戦しているバイエルン photo/Getty Images

今季はドルトムントの方が上か

指揮官ニコ・コバチと一部選手たちの関係悪化が騒がれる中、バイエルンは10日にアウェイでドルトムントとの重要なゲームを迎える。現在はドルトムントがバイエルンに勝ち点差4をつけて首位に立っており、ここで敗れてしまえばバイエルンは苦しくなる。

独『Kicker』によると、バイエルンのウリ・ヘーネス会長も今のドルトムントが強力だと認めている。近年はバイエルンの方が実力で上回っていたが、今回はドルトムントをリスペクトして戦う必要があるとの考えだ。

「ドルトムントが非常に良いシーズンを過ごしているのは疑いようもない。我々は格上としてドルトムントに行くのではなく、格下として行く。長い歴史で初めてだね。我々は良いゲームをしないといけない」

ドルトムントは6日にチャンピオンズリーグ・グループステージのアトレティコ・マドリード戦を0-2で落としたが、勢いは衰えていないはずだ。混乱しているのはバイエルンの方で、今ジグナル・イドゥナ・パルクで勝ち点3を掴むのは簡単ではない。まだ前半戦だが、この一戦は今季のブンデスリーガの行方を決めるものとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ