足は速いけど判断はゆっくりと ”サッカー版ボルト”が語る残留の理由

レヴァークーゼンのベイリー photo/Getty Images

チェルシー、リヴァプールなどからの関心あったが……

今季はチームが苦戦していることもあって話題に挙がる機会が少ないが、昨季のブンデスリーガで大暴れしたのがレヴァークーゼンFWレオン・ベイリーだ。ジャマイカ出身のベイリーは圧倒的なスピードを持ち味とする21歳のアタッカーで、サッカー版ウサイン・ボルトと称されることもある。

昨季はブンデスリーガで9得点6アシストと結果を残し、多くのクラブがベイリー獲得に興味を示していた。ビッグクラブへのステップアップは間近かと思われたのだが、ベイリーは実に冷静だった。自身の成長を考え、レヴァークーゼンに残る決断を下したのだ。

英『FourFourTwo』によると、ベイリーは残留の決断について「マンチェスター・ユナイテッド、シティ、チェルシー、リヴァプールなど多くのクラブからの関心があった。だけど最も重要なことは、急ぎすぎないことだ。タイミングが大切だと考えていて、レヴァークーゼンにいるのが正しいことだと信じている。歴史のある素晴らしいクラブだし、チャンピオンズリーグにも出場できる」とコメントしている。

年齢的にはまだ21歳で、レヴァークーゼンに加入したのも昨年1月のことだ。まずはブンデスリーガでしっかりと土台を築き、それから移籍の判断を下しても遅くはない。ステップアップの準備ができた時、ベイリーがトップクラブでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ