フランクフルト指揮官、長谷部のプレイに「メッシやロナウドの域に近い」

インモービレ(写真奥)を封じ込めた長谷部 photo/Getty Images

最終ラインで存在感を示す

フランクフルトに所属するMF長谷部誠(元日本代表)が、同クラブを率いるアディ・ヒュッター監督より惜しみない賛辞を受けた。

同選手は4日に行われたUEFAヨーロッパリーグのグループステージ第2節(ラツィオ戦)に先発。3バックの中央でプレイすると、素早いカバーリングで相手のパスを寸断し続け、昨季のセリエAで得点王に輝いたFWチーロ・インモービレ(イタリア代表)を封じ込めた。ヒュッター監督は試合後に行われたインタビューで、同選手のパフォーマンスについて言及。世界最高峰のプレイヤーを引き合いに出し、同選手を褒めちぎった。独『hessenschau.de』が伝えている。

「私は選手を褒めることには慎重で、ワールドクラスと認めているのはリオネル・メッシ(現バルセロナ)やクリスティアーノ・ロナウド(現ユヴェントス)だけだ。ただ、今日のマコトは彼らの域に近かった」

また、同メディアは同選手の寸評を掲載。「(今季の)ブンデスリーガ第2節ではベンチにすら入れず、第3節でやっとベンチ入りを果たした日本人選手が、ラツィオ戦では大きな仕事をこなしていた。リベロとしてどんな小さなピンチの兆候も見逃さず、ビルドアップ時には広い視野を活かし、(アメリカンフットボールの)クォーターバックのような役割を担った」と、攻守両面で存在感を示した長谷部に高評価を与えている。今季より同クラブを率いるヒュッター監督のもとで、一時はポジションを失いかけた同選手だが、新監督からの信頼を勝ち取ったと言えるだろう。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.229 激闘必至のCLラウンド16を完全予想
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ