CL通算得点で並んだのに? ネイマールがカカーより下に見られる理由

ミランで活躍したカカー photo/Getty Images

得点率ではネイマールが上だが……

3日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節のレッドスター・ベオグラード戦でハットトリックを記録し、チームを6-1の大勝に導いたパリ・サンジェルマンFWネイマール。ネイマールはこのハットトリックでチャンピオンズリーグ通算得点数が30となった。

この数字は、元ブラジル代表MFカカーと同じなのだ。ミランで数多くのタイトルを獲得したカカーは、チャンピオンズリーグ通算86試合で30得点を記録している。ネイマールはまだ49試合しかプレイしていないため、ネイマールの方が得点率は圧倒的に上ということになる。

しかし英『Squawka』は、まだネイマールがカカーの領域には届いていないと厳しい指摘をしている。確かに得点数では並んだが、カカーは重要な試合でこそ輝きを放ってきた。例えばミランがチャンピオンズリーグを制した2006-07シーズンには、決勝トーナメント1回戦のセルティック戦2ndレグで後半ロスタイムに決勝点を記録したり、準決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦では鉄壁のマンU守備陣相手に2試合で3得点を記録。苦しい時にこそカカーは力を発揮してきた。

同メディアはまだネイマールにこの力がないと指摘している。今季もグループステージ第1節のリヴァプール戦では存在感が薄く、チームも2-3で敗れた。昨季の決勝トーナメント1回戦で実現したレアル・マドリードとのゲームも似たようなものだった。得点数は並ぼうとも、カカーの領域に達するには大一番で決定的な働きをしなければならない。

ネイマールはまだ26歳。今季のうちにカカーの得点記録を抜いてくるだろう。しかし、ビッグゲームで力を発揮しない限りカカーと同列で扱われることはなさそうだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ