南野拓実、“巧みな”ツータッチでリーグ戦2得点目[映像アリ]

ミドルシュートで相手ゴールを陥れた南野 photo/Getty Images

相手GKの意表を突く

現地時間23日にオーストリア・ブンデスリーガの第8節が行われ、RBザルツブルクがラピド・ウィーンに2-1で勝利した。

ザルツブルクに所属するFW南野拓実(日本代表)が、リーグ戦では2試合ぶりとなる先発入り。両チーム無得点で迎えた36分、同選手が敵陣ペナルティアーク内でアマドゥ・ハイダラからのパスを受けると、ツータッチ目でミドルシュートを放ち、今季のリーグ戦2ゴール目を挙げた。

相手GKの意表を突くシュートを放ち、ゴールを陥れた南野。11日に行われた国際親善試合(コスタリカ代表戦)以降、ハイパフォーマンスを披露している同選手だが、今季の国内リーグやUEFAヨーロッパリーグでも得点を量産し、更なる高みへと登り詰めることができるだろうか。


参照元:Instagram

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ