鎌田大地、“巧みな足技”で2戦連発! 現地メディアも高評価[映像アリ]

試合の趨勢を決めるゴールを挙げた鎌田 photo/Getty Images

相手GKを冷静にかわす

現地時間22日にジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)の第8節が行われ、シント・トロイデンがアントワープに2-0で勝利した。

シント・トロイデンに所属するMF鎌田大地が、同試合の76分より出場。同クラブが1点をリードして迎えた後半アディショナルタイム、同選手が敵陣ペナルティエリア内でMFキャスパー・デ・ノレからのパスを受けると、巧みなフェイントで相手GKをかわし、ゴール左上にシュートを突き刺した。この鎌田のゴールにベルギーメディア『RTBF』が反応。「鎌田がシント・トロイデンに勝ち点3をもたらした」と、自軍の勝利を決定づけるゴールを挙げた同選手を称えている。

直近のリーグ戦2試合連続で途中出場からゴールを挙げている鎌田。短い出場時間の中で抜群の存在感を示している同選手だが、次節以降に先発の機会が訪れるだろうか。急成長中の鎌田のプレイぶりから目が離せない。



参照元:Twitter(鎌田の得点は2分37秒~)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ