インテルは”ブラジルの至宝”を覚えているか? もう1人のガブリエウ「戻りたいとは言えない」

サントスにレンタル中のガブリエウ・バルボサ photo/Getty Images

サポーターの中には忘れている者も……

今夏インテルはアルゼンチンのラシン・クラブから期待の若手FWラウタロ・マルティネスを獲得するなど積極的な動きを見せ、前線の層は豪華なものとなってきた。ただ、その影響で1人の才能が忘れられているのではないか。

今年1月にブラジルのサントスにレンタル移籍しているガブリエウ・バルボサだ。ガビゴルの愛称で知られるバルボサは、マンチェスター・シティで活躍するガブリエウ・ジェズスとともにブラジルサッカー界の未来と期待されていたアタッカーだ。しかしインテルでは結果を出せず、現在は今年12月31日までの契約で古巣サントスにレンタル移籍している。

そのバルボサはここ4試合で5得点と勢いに乗っており、ひとまず古巣復帰で良い流れを取り戻しつつある。問題はインテルでの今後をどうするかだが、伊『FCInterNews』によれば帰りたくない気持ちもあるという。

バルボサは、「監督のクカは自信をくれたし、彼とはよく話をしている。僕が成長するうえで彼は重要な人物だと思う。インテルについては、戻りたいとは言えない。だけど契約がある。今はとてもサントスで幸せだし、今はクラブのことを考えている。まだ17試合あり、インテルに戻るかここに残るかを判断する時間がある」

欧州の環境やプレイスタイルが合わないというケースもあるため、インテルに戻って活躍できるかは微妙なところだろう。ジェズスとは大きく異なるキャリアとなっているが、ガビゴルの今後はどうなるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ