ラッシュフォード、相手DFとの口論の末退場に モウリーニョの反応は……

バーズリー(左)と競り合うラッシュフォード(右) photo/Getty Images

「彼はまだまだ子供だね」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するFWマーカス・ラッシュフォードが、現地時間2日のプレミアリーグ第4節(バーンリー戦)で退場処分となった。

問題が起きたのは同試合の70分すぎ。同選手が敵陣左サイドでドリブル突破を試みたものの、相手DFフィル・バーズリーと交錯し転倒。相手の激しいプレイに激怒したラッシュフォードがバーズリーに詰め寄り、両者による口論が始まった。この際、ラッシュフォードがバーズリーに対し頭突きまがいの行為に及び、主審より退場を命じられている。

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はクラブ公式サイトを通じ、一連の騒動について言及。「バーズリーの経験が、トップチームで3年の経験を持つ選手の一時の感情に勝った瞬間だ。彼(ラッシュフォード)はまだまだ子供だね」と、ラッシュフォードを非難した。直近のリーグ戦3試合連続で先発入りを逃している同選手だが、出場停止明けの試合で好プレイを披露し、指揮官からの信頼を取り戻すことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ