夢の元スペイン代表対決が実現! トーレス、イニエスタの前で待望の移籍後初ゴール[映像アリ]

待望の移籍後初ゴールを決めたトーレス photo/Getty Images

互いにエールを送り合うトーレスとイニエスタ

今夏サガン鳥栖へ加入した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、待望の移籍後初ゴールを挙げた。試合後、同選手が喜びを語っている。

22日に行われた天皇杯のラウンド16で、鳥栖は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキを擁するヴィッセル神戸と対戦。ポドルスキはスタメンに名を連ねたものの、元スペイン代表対決が期待されたトーレスとイニエスタはベンチスタートとなっている。

試合は鳥栖が37分にオウンゴールで先制し、50分に安在和樹が追加点を挙げ、リードを2点に広げた。すると、神戸はウェリントンに代えてイニエスタを投入し、反撃を試みる。一方、鳥栖も試合を決定づける3点目を奪うべく、64分にトーレスと小野裕二の2枚同時投入を行う。夢の元スペイン代表対決がついに実現したが、チームの期待に応えたのはトーレスの方だった。

84分、左サイドを突破した福田晃斗が中央へ折り返すと、走り込んだトーレスが右足で合わせる。インサイドキックで狙い澄ましたシュートは逆サイドのポストに当たり、ゴールネットに吸い込まれた。試合はこのまま終了し、鳥栖が3-0で神戸を撃破している。

試合後のインタビューに応じたトーレスは「鳥栖のサポーターの前で最初のゴールを決めることができて、とても幸せだ」とコメント。得点シーンを「(福田)晃斗が素晴らしいプレイをしてくれて、簡単にゴールすることができました。晃斗のおかげだと思う。(J1第23節の)名古屋戦では負けてしまい悲しかったが、今日は良いプレイができた。それが一番だと思う。晃斗の素晴らしいアシストもあって、自分はしっかりシュートできた。決まって良かった」と振り返っている。Jリーグの公式サイトが伝えた。

そして、イニエスタとの対戦については「最初のゴールということだけでもうれしいが、またイニエスタと一緒にプレイできたということもうれしかった。あとは、神戸のためにイニエスタもこれからすごく良いプレイをすると思うので、神戸のサポーターもこれからもっと喜べるんじゃないかな」と語っている。

一方でイニエスタは「トーナメントに敗退してしまったことが残念」と悔しさをにじませた上で「ただ、トーレスは一緒にやってきた選手なので、(対戦できて)嬉しい。彼はこれからもゴールを決めて、チームに貢献していくと思うよ」と述べた。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ