開幕2試合で3得点も…… エヴァートン指揮官、好調リシャルリソンの課題を指摘

幸先の良いスタートを切ったリシャルリソン(写真中央)だが...... photo/Getty Images

「彼なりに努力してくれているが......」

ブラジルの名門クラブやワトフォードでのプレイを経て、今夏にエヴァートンに加入したFWリシャルリソン(ブラジル国籍)。今季のプレミアリーグ第2節終了時点で3得点を挙げるなど、幸先の良いスタートを切っている。

現時点で非の打ちどころのない結果を残しているリシャルリソンだが、エヴァートンを率いるマルコ・シウバ監督が同選手の課題を指摘。同選手に語学力の向上を求めた。英『The Guardian』が伝えている。

「彼はファンタスティックなプロサッカー選手だし、良い青年だよ。だが、彼はできるだけ多くの英語を学ばなければならない。これは彼自身だけでなく、我々にとっても重要なことだ。彼自身も(自分なりに)努力してくれているが、もっと英語を上達させる必要がある。これは私にも言えることで、自分も常に英語を勉強している。(英語圏出身ではない新加入の)ベルナルジやジェリー・ミナにも同じ課題を伝えている。彼らも英語を学ばなければならないんだ」

英語圏出身者が多いプレミアリーグのクラブでは、英語圏出身ではない選手や監督が英語をマスターし、チームに溶け込む必要がある。リシャルリソンはシウバ監督から指摘された課題を真摯に受け止め、異国の地で更なる飛躍を遂げることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ