指輪が外れず急遽スタメン外に スロバキア人DFが苦しい弁明[映像アリ]

ロス・カウンティ在籍時のチコス(写真左) photo/Getty Images

「3年以上指輪をはめてプレイしてきた」

現地時間17日に開催されたハンガリー1部リーグ(第5節)で珍事が発生した。

問題が起きたのはデブレツェニVSC対MTKブダペストの一戦。デブレツェニのDFエリック・チコス(スロバキア国籍)が指輪をはめていたことが試合直前に発覚し、主審から指輪を外すよう命じられた。ところが数分経過後もチコスの指輪は外れず、同選手は急遽スターティングメンバーから外される羽目となった。ハンガリーメディア『HAJDU ONLINE』などがこの模様を伝えている。

指輪などの装身具を外さずにプレイすることは、サッカーの競技規則で禁止されている。「3年以上指輪をはめてプレイしてきたけれど、こんなことは初めてだ。なぜ出場が認められなかったのか理解できない」と、試合後のインタビューで不満を露わにした同選手だが、ルールを正確に把握しておくべきだったと言えるだろう。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ