リヴァプールは得点ランク4位、5位、6位の3人いなくなった 英紙が不安視する”3トップ以外”の得点力

リヴァプールを離れたコウチーニョ photo/Getty Images

3トップに頼り切りでは苦しい

今季のリヴァプールでカギを握るのが、モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの3トップ以外の得点力だ。昨季もこの3トップは脅威となり、サラーはシーズンで44得点、フィルミーノは27得点、マネは20得点決めている。

問題は、この他の選手がどれだけの得点を決められるかだ。英『Liverpool Echo』は不安点の1つとして、昨季のチーム得点ランク4位、5位、6位の3人が欠けてしまっていることを挙げている。

4位は12得点のフィリペ・コウチーニョ、5位が6得点のエムレ・チャン、6位は5得点のアレックス・オックスレイド・チェンバレンだ。コウチーニョは今年の冬にバルセロナへ向かい、チャンは今夏ユヴェントスへ、チェンバレンは怪我で長期離脱している。

まず3トップは昨季と同じだけの得点数を決められるのか。そして他の選手でコウチーニョ、チャン、チェンバレンの得点力を補えるのか。新加入のナビ・ケイタ、ジェルダン・シャキリあたりの得点が欠かせぬものとなってくるだろう。彼ら新戦力が得点の部分で貢献できなければ、悲願のプレミア制覇は叶わないはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ