トーレスとのコンビ結成ならず? 鳥栖、元コロンビア代表FWイバルボの登録を抹消

大怪我により、登録を抹消されたイバルボ photo/Getty Images

前十字靭帯断裂で全治7ヶ月

サガン鳥栖は23日、元コロンビア代表FWビクトル・イバルボの選手登録を抹消したと発表した。

6月29日に行われたトレーニングで、左ひざを負傷したイバルボ。クラブの公式サイトによると、その後の検査の結果、左ひざ前十字靭帯を断裂していることが判明し、全治7ヶ月と診断された。現在は手術とリハビリのため、母国コロンビアへ一時帰国しており、8月下旬に鳥栖でのトレーニングに合流するようだ。

2017年に鳥栖へ加入したイバルボは昨季、公式戦29試合に出場し、6ゴールを記録。今季もここまで公式戦9試合に出場して4ゴールを挙げていた。新加入の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスや電撃復帰を果たしたFW豊田陽平とのコンビに期待が集まったが、大怪我により長期離脱を強いられることとなった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ