ポーランドはレヴァンドフスキに依存しすぎでは? 「ロベルトは常に2、3人を相手にしないと」

相手に囲まれるレヴァンドフスキ photo/Getty Images

セネガルに徹底的に潰された

19日にセネガル代表に1-2で敗れたポーランド代表は、常にエースのロベルト・レヴァンドフスキ頼みだった。レヴァンドフスキが封じられた時に違いを生み出すことができず、セネガルが徹底したレヴァンドフスキ潰しを最後まで攻略できなかった。

独『DW』は、「レヴァンドフスキに依存しすぎていないか?」とポーランドを問題視している。レヴァンドフスキはバイエルンでも代表でもゴールを量産する名ストライカーだが、レヴァンドフスキの得点力を最大限活かすにはチームがチャンスをしっかり提供しなければならない。バイエルンに比べ、ポーランドはそこが不完全だった。

ポーランド代表のGKウカシュ・ファビアンスキは、常にレヴァンドフスキが複数の相手DFを相手にしなければならない状況だったと振り返っている。

「あのような展開になるのは分かっていたことだけど、ロベルトは常に2、3人、あるいは4人のDFを相手にしなければならなかった。もっとスペースを作らないといけなかったんだけど、セネガルを称えないといけないね」

ファビアンスキもセネガルの守備を称賛していたが、レヴァンドフスキを潰されると有効な攻め手が失われてしまうことが露呈してしまった。日本代表は第3戦でポーランドと対戦するが、レヴァンドフスキさえ封じることができれば可能性は見えてくるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ