アジア勢の中で最もロシアW杯で躍進が期待できるのは? 気になる日本代表の人気は……

日本代表の期待度は photo/Getty Images

アジア勢5チームを海外メディアが評価

サウジアラビア代表、韓国代表、イラン代表、日本代表、オーストラリア代表。ロシアワールドカップに出場するアジア勢はこの5ヶ国だが、どこか1チームでもグループを突破できるだろうか。僅かな可能性ではあるものの、『FOX Sports Asia』が各国の可能性を探っている。

1.サウジアラビア代表

グループAに入ったサウジアラビアは開幕戦でロシア代表と戦うが、このグループはかなりトリッキーだ。まず開催国ロシアがどこまで戦えるのか未知数で、優勝候補と呼べる国はグループに存在しない。同メディアはエジプト代表相手にも勝ち点を得るのは不可能ではなく、ウルグアイ代表も近年ほどレベルは高くないと評価している。開幕戦で白星を得ることができればサウジアラビアにも可能性はあるかもしれない。

2.韓国代表

最も難しいグループに入ったのが韓国か。スウェーデン代表、メキシコ代表、ドイツ代表とのグループはあまりに厳しすぎる。上手くいけば初戦のスウェーデン戦は勝てるかもしれない。しかし決勝トーナメント常連であるメキシコ、前回王者ドイツは難しい相手だ。同メディアは僅かな可能性として、第3戦で戦うドイツがすでにグループ突破を決めて戦力を落としてきてくれないかと期待をかけている。

3.イラン代表

アジアで最も安定しているチームだ。守備の堅さは抜群だが、グループにはスペイン代表とポルトガル代表が同居する。まずは最も勝ち点3を獲得しやすいであろう初戦のモロッコ代表戦に勝利する必要があり、それがグループ突破の絶対条件となる。スペイン、ポルトガルから勝ち点3を求めるのは難しい。1勝2分に持ち込めれば最高か。

4.日本代表

同メディアが最もオープンなグループと表現したのがH組だ。日本、コロンビア代表、セネガル代表、ポーランド代表はいずれも優勝候補ではない。日本はアジア勢の中でも海外組が多いチームで、欧州トップレベルでの経験もそれなりに豊富だ。同メディアはヴァイッド・ハリルホジッチ前監督を解任したことが結果的にチームスピリットを向上させているのではないかと期待をかけている。問題は西野朗新監督の采配で、そこがカギになると見られている。

5.オーストラリア代表

アジアの予選を通してオーストラリアは決して安定していたチームではない。しかし、3月にはコロンビア代表に0-0、先日のチェコ代表戦では4-0の快勝を収めるなどアジア勢の中で最も良い状態でワールドカップに臨めるチームかもしれない。9日にはハンガリー代表との親善試合を予定しているが、ハンガリーも強豪というわけではない。ここで勝利して自信を持って本番を迎えたい。初戦のフランス代表は脅威だが、同メディアはペルー代表とデンマーク代表は恐れすぎる必要はないと見ている。また指揮を執るベルト・ファン・マルワイクはオランダ代表をワールドカップ決勝に導いた実績があり、アジア勢の中で最もワールドカップをよく知る指揮官とも言える。


最後に同メディアはアジア勢の中でどのチームが最も上位に進出する可能性があるのかアンケートをとっているが、1位はオーストラリアで29%、2位が日本で24%、3位が韓国で23%、4位がイランで18%、最後にサウジアラビアが6%となっている。いずれも厳しいグループだが、ミラクルを起こしてくれるのはどこだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ