元主将モントリーヴォはミランとの別れを望んでいる? 契約解除を交渉中か

近年は思うような出場機会を得られていないモントリーヴォ photo/Getty Images

新たな冒険をスタートさせる“変化の時”

イタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォは、所属クラブであるACミランとの別れを望んでいるようだ。

現在33歳のモントリーヴォは、2012年夏にフィオレンティーナからミランへ移籍。加入初年度からチームの主力として活躍し、公式戦38試合に出場している。翌2013-14シーズンからはチームの主将を任され、必要不可欠な存在となっていたが、近年はじん帯断裂などの大怪我にたびたび悩まされている。そして、2017-18シーズンからは主将の座を新加入のレオナルド・ボヌッチへ譲ることに。さらに、大きな怪我なくシーズンを戦い終えたが、途中出場やベンチを温める機会が多く、リーグ戦では18試合の出場にとどまっていた。

こういった状況もあってか、伊『PIANETAMILAN』などいくつかのメディアが「ミランとモントリーヴォの物語は幕を閉じる。ミランの元主将は契約を終了させるためにクラブと交渉中だ」と伝えている。同メディアらによると、モントリーヴォは変化が必要だと感じており、新たな冒険をスタートさせることを望んでいるという。

ミランとの契約を2019年6月末まで残しているモントリーヴォだが、今夏の移籍市場で新天地を探すこととなるのだろうか。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ