スペイン代表の柱となる”白い巨人”たち W杯にレアルの選手6名を送り込むのは1962年大会以来

レアルがスペイン代表の中心に photo/Getty Images

欧州王者レアルの選手たちが中心に

先日発表されたロシアワールドカップへ向けたスペイン代表メンバーでは、レアル・マドリードに所属する選手たちの名前が目立った。召集されたのはDFセルヒオ・ラモス、ナチョ・フェルナンデス、ダニエル・カルバハル、MFイスコ、マルコ・アセンシオ、FWルーカス・バスケスの計6人だ。

スペイン『MARCA』によると、レアルからW杯に6名もの選手を送り込むのはフェレンツ・プスカシュ氏やアルフレッド・ディ・ステファノ氏、フランシスコ・ヘント氏らを擁した1962年大会以来のことになる。同メディアは「レアルがスペイン代表を新たに支配した」と伝えており、欧州王者レアルの主要メンバーがスペインの柱となりつつある。

スペインが大きな成功を収めたEURO2008以降はバルセロナの選手が大半を占めていたのだが、今回はジェラール・ピケ、ジョルディ・アルバ、セルヒオ・ブスケッツ、アンドレス・イニエスタの4名だ。これは7名の選手を送り込んでいた2010年大会などと比べると少ない。今ではスペイン代表のスタイルも変わってきているが、その中心に白い巨人の選手たちがいる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ