サネのアシスト記録は史上”2番目”の若さ プレミアでシーズン15アシストを記録した最年少選手とは

今季15アシストを決めているサネ photo/Getty Images

サネはグアルディオラの下で躍動

先日のブライトン戦で3アシストを記録したマンチェスター・シティFWレロイ・サネは、今季リーグ戦でのアシスト数を15に伸ばした。今季サネはジョゼップ・グアルディオラから信頼され、左のウイングとして活躍。往年の名手ライアン・ギグスと比較されるまでとなり、今季は飛躍のシーズンとなった。

そんなサネはまだ22歳だ。英『Squawka』によれば、プレミアリーグにおいてサネは史上2番目の若さでリーグ戦15アシストを達成したことになるという。22歳と3か月28日で15アシストを記録したことになり、サネよりも若い年齢でシーズン15アシスト以上を決めた選手はたった1人しかいない。

その1人とは、現在チェルシーでプレイするMFセスク・ファブレガスだ。セスクはアーセナルに在籍していた2007-08シーズンに、20歳と11か月1日で15アシストに乗せている。当時セスクはすでにアーセナルで主力となっており、プレミアリーグでもチャンスメイクを量産していた。

セスクには及ばなかったが、サネの記録も見事だ。今夏にはワールドカップが控えており、ドイツ代表にとって22歳ながらプレミアリーグで15アシストを記録したアタッカーがいるのは心強いだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ