マインツ武藤、今夏プレミア勢による争奪戦勃発か!? 新たに興味を示したクラブは……

マインツの1部残留に大きく貢献した武藤 photo/Getty Images

ニューカッスルに続いてウェストハムも

今夏の移籍市場で、マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀の争奪戦が、プレミアリーグ勢によって繰り広げられることとなるかもしれない。

4月29日に行われたブンデスリーガ第32節のRBライプツィヒ戦(3-0)では、PK奪取やアシストなど得点に絡む活躍を見せ、勝利に貢献した武藤。チームを残留圏内へ浮上させると、翌33節のドルトムント戦(2-1)では、決勝ゴールを決めてマインツの1部残留を確定させた。なお、武藤は今季ここまでリーグ戦26試合に出場して8ゴールを記録ている。

そんな武藤には、プレミアリーグのニューカッスルが興味を示していると、以前地元メディアが報じていた。だがここにきて、同じくプレミアリーグに所属するウェストハムも武藤に興味を示し、今夏の獲得に乗りだろうとしているようだ。英『DAILY EXPRESS』の報道を元に、移籍情報サイト『transfermarkt』などが伝えている。

「機会があれば挑戦したい」と述べ、移籍に前向きな姿勢を見せていた武藤。所属クラブも容認する構えがあると地元メディアが報じていたが、今夏の移籍は実現するのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ