長友のトルコ移籍は大正解! インテル時代以上に攻撃で存在感示し、ロシアW杯へ

ガラタサライでプレイする長友 photo/Getty Images

トルコメディアも今週のパフォーマンスを評価

ワールドカップが迫っている冬に移籍の判断を下すのは大きなリスクもあるが、ガラタサライに向かった日本代表DF長友佑都の選択は大正解だったと言えるのではないか。インテル愛を貫いてきた長友にとって移籍は厳しい判断だったはずだが、ここまではその判断が良い結果に繋がっていると言える。

トルコ『Fanatik』も長友が左サイドバックの問題を解決したと称え、特にアシストを決めた4月30日のベジクタシュ戦など今週は最も重要なパフォーマンスを披露している1人と捉えられている。すでにトルコのシュペル・リーグでは3アシストを記録しており、インテルに在籍していた頃よりも攻撃で存在感を発揮する機会は確実に増えている。

またチームが優勝争いをリードしていることも大きく、現在ガラタサライは勝ち点69を稼いで首位だ。2位のフェネルバフチェとは勝ち点差が3開いており、残り2試合を勝利で終えればガラタサライの優勝が決まる。セリエAに比べれば少しリーグの質は落ちるが、それでも優勝争いの緊張感を味わえるのは大きい。ワールドカップ前に貴重な経験を積むことができているのではないか。

日本代表は土壇場での監督交代もあって最終メンバーが予想しにくくなっているが、サイドバックは右の酒井宏樹、左の長友で固定されている。酒井も今季はヨーロッパリーグでファイナルまで駒を進めるなどマルセイユで最高のシーズンを過ごしており、長友とともにサイドバックは日本のストロングポイントとなるはずだ。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ