アーセナル戦で退席のシメオネ UEFAより下された処分は……

EL準決勝で退席を命じられたシメオネ(写真中央) photo/Getty Images

EL決勝戦への影響は......

アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督が、UEFA(欧州サッカー連盟)より4試合のベンチ入り禁止処分を命じられたことが、米『ESPN』などで明らかとなった。

同監督は先月26日に行われたUEFAヨーロッパリーグの準決勝・1stレグ(アーセナル戦)で主審の判定に異議を唱え、退席処分に。この際に審判団を侮辱する振る舞いを見せたとし、前述の処分に至っている。既にベンチ入り禁止期間の1試合を消化している同監督だが、前述のUEFAの決定により、16日に行われる同大会の決勝戦(マルセイユ戦)でのベンチ入りが不可能となった。重要な試合を指揮官抜きで戦うことを余儀なくされたアトレティコ・マドリードだが、この試練を乗り越えることができるだろうか。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ