武藤嘉紀、ドルトムント相手に“ヘディング弾”! マインツの1部残留に貢献[映像アリ]

貴重な追加点を挙げた武藤嘉紀 photo/Getty Images

ポストプレイも健在

5日にブンデスリーガの第33節が行われ、マインツがドルトムントに2-1で勝利した。なお、マインツに所属する武藤嘉紀は先発出場を果たしている。

試合序盤からバイタルエリアを縦横無尽に駆け巡り、マインツの攻撃の起点となった武藤。同クラブが1点をリードして迎えた13分にはパブロ・デ・ブラシスからのクロスにヘディングで反応し、貴重な追加点を挙げた。その後も同選手は最前線で体を張り続け、同クラブの攻撃を牽引。87分にピッチを退くまでハードワークを完遂し、同クラブの勝利や1部残留に大きく貢献している。

コンディションの良さをアピールした同選手だが、今月30日に行われる国際親善試合(ガーナ代表戦)のメンバーに名を連ね、ロシア行きの切符を掴むことができるだろうか。西野朗監督(日本代表)の決断に注目が集まる。




参照元:Twitter





記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ