「欧州はスペインのものだ」 スペイン紙も誇るCL、ELを完全支配した10年

昨季のCLを制したレアル photo/Getty Images

今季もCLとELの決勝にスペイン勢が

いったいスペイン勢の支配はどこまで続くのか。今季もチャンピオンズリーグの決勝にはレアル・マドリードが、そしてヨーロッパリーグではアトレティコ・マドリードが決勝へ駒を進めた。まだ両チームが優勝すると決まったわけではないが、ここ10年の成績を振り返るとスペイン勢の実力は恐ろしいものがある。

スペイン『MARCA』は「欧州はスペインのものだ」と取り上げているが、2008-09シーズン以降スペイン勢は欧州カップ戦で優勝を繰り返している。2008-09シーズンはチャンピオンズリーグをバルセロナが制し、チャンピオンズリーグ優勝チームとヨーロッパリーグ優勝チームが対戦するUEFAスーパーカップでもバルセロナがシャフタール・ドネツクを下している。

2009-10シーズンはヨーロッパリーグとUEFAスーパーカップをアトレティコが、2010-11シーズンはチャンピオンズリーグとUEFAスーパーカップをバルセロナ、2011-12シーズンはヨーロッパリーグとスーパーカップをアトレティコ、2013-14シーズンはチャンピオンズリーグをレアル、ヨーロッパリーグをセビージャ、スーパーカップはレアルが制した。

2014-15シーズンはチャンピオンズリーグをバルセロナ、ヨーロッパリーグをセビージャ、スーパーカップはバルセロナ。2015-16シーズンはチャンピオンズリーグをレアル、ヨーロッパリーグをセビージャ、スーパーカップをレアル。2016-17シーズンはチャンピオンズリーグとスーパーカップをレアルが制している。

何も獲得できなかったシーズンは2012-13シーズンだけなのだ。これは完全なるスペインの支配と言っていいだろう。同メディアは今季もUEFAスーパーカップのカードがマドリード・ダービーになることを期待しており、他国はこの快進撃を止められないでいる。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ