今のレアルは第2の黄金期なのでは? 異例の”CL3シーズン連続ファイナリスト”にスペイン紙は

決勝進出を決めたレアル photo/Getty Images

CLという名称になってから初

ここまで準々決勝ユヴェントス、準決勝バイエルン戦と苦しみながらもチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めた王者レアル・マドリード。連覇しているので当然だが、これでレアルは一昨季から3シーズン続けてチャンピオンズリーグの決勝に進んだことになる。これはチャンピオンズリーグという名称になってからは初めてのことだ。

そのことからスペイン『MARCA』は、今のレアルを第2の黄金期と呼んでいいのではないかと主張している。レアルの黄金期といえば、1955-56シーズンから当時のチャンピオンズカップを5連覇した最強時代があった。アルフレッド・ディ・ステファノ氏やフェレンツ・プスカシュ氏などレジェンドがズラリと揃ったチームを止められる存在はなく、レアルが欧州を支配した時だった。

現在のレアルも過去の記録を次々と破っていくクリスティアーノ・ロナウドを中心に、ワールドクラスの選手が揃う。2013-14シーズンからの5シーズンでは4度決勝に駒を進めたことになり、今季の決勝でもリヴァプールを破って優勝するならば黄金期と呼んでも違和感はないだろう。

連覇できるチームが現れないことがチャンピオンズリーグの競争力の高さや難しさを象徴する要素の1つだったのだが、レアルはその時代に3連覇を実現しようとしている。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ