過去10年最も”補強にお金をかけた”クラブはどこ!? 驚異の金額並ぶTOP8

PSGが揃える驚異の3トップ photo/Getty Images

古豪から新勢力まで

近年は移籍市場でとんでもない金額が動くことも多くなっており、選手の獲得には多額の資金が必要な時代だ。では、最も補強費を投じているクラブはどこなのだろうか。過去10年の移籍金データから、英『Daily Mail』は最もお金を使ったクラブをランキング形式で発表している。

8位:ユヴェントス(8億1100万ポンド)

7位:リヴァプール(8億2000万ポンド)

6位:レアル・マドリード(8億6200万ポンド)

5位:マンチェスター・ユナイテッド(8億9800万ポンド)

4位:チェルシー(10億ポンド)

3位:パリ・サンジェルマン(10億1400万ポンド)

2位:バルセロナ(10億1500万ポンド)

1位:マンチェスター・シティ(14億ポンド)


リーグとして見れば4チームがランク入りしたプレミア勢が多額の資金を投じていることが分かる。特にここ10年は欧州制覇の目標へマンCが超積極的な補強をおこなっており、フランス王者PSGもネイマールやキリアム・ムバッペなどスタープレイヤーを揃えている。バルセロナも昨夏にウスマン・デンベレ、今冬にフィリペ・コウチーニョを引き抜くなどここ最近は派手な動きが目立つ。

レアルとリヴァプールの間にあまり差がないのは驚きだが、リヴァプールもDFフィルジル・ファン・ダイクを7500万ポンドで獲得するなど近年は積極的だ。そうした成果も今季のチャンピオンズリーグの結果に繋がっているのだろう。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ