レヴァンドフスキは真のワールドクラスなのか!? レアル戦不発で厳しい指摘も

得点を決められなかったレヴァンドフスキ photo/Getty Images

CLでは直近5試合で無得点

数年前からレアル・マドリードの補強ターゲットになっていると言われてきたバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキは、本当に白い巨人が求めるレベルのストライカーなのだろうか。今回のチャンピオンズリーグ準決勝レアル戦で得点を決められなかったことから、その能力に疑問の声が挙がり始めている。

レヴァンドフスキは現世界トップレベルのストライカーの1人に数えられる選手で、これまでも何度かレアル移籍説が浮上してきた。しかし、レヴァンドフスキはレアルとの2試合を含めチャンピオンズリーグでは直近5試合で得点を決めることができていない。準々決勝ではセビージャと2戦合計2-1と苦しんだが、この時もレヴァンドフスキに当たりはなかった。

英『Daily Mail』はドイツ国内のゲームならともかく、ビッグチーム相手にレヴァンドフスキが活躍できる選手なのか疑念は消えないと指摘。レアル相手にチームが何度もチャンスを作りながら、それを1度もゴールに繋げられなかったことが批判されている。この試合も1度GKケイロル・ナバスと1対1になることがあったが、やや角度が厳しかったのか左足で狙ったシュートはナバスにブロックされている。あと1点奪えばアウェイゴールの差で優位に立てただけに、レヴァンドフスキのパフォーマンスに落胆したサポーターもいたことだろう。

同メディアはレアル戦での180分間で決定的な働きができなかったと厳しい評価を下しているが、レヴァンドフスキは真のワールドクラスのFWなのか。今季のチャンピオンズリーグ決勝トーナメントで再び評価が変わろうとしている。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ