名将ヴェンゲル、“アーセナルとの別れ”を決断 22年の長期政権に終止符

ついにアーセナルの指揮官を退任することを決断したヴェンゲル photo/Getty Images

「今季終了後に身を引くのが適切な時期」

アーセナルは20日、長きにわたりチームの指揮官を務めてきたアーセン・ヴェンゲル監督が退任することになったと発表した。

ヴェンゲル監督はクラブの公式サイトを通じて「クラブと話し合いを行い、慎重に検討した結果、私は今季終了後に身を引くのが適切な時期と感じている」とコメント。そして「記憶に残るたくさんの年を、クラブに奉仕できたことに感謝しているよ。私は献身性と誠実性を持ってクラブを管理してきた。スタッフ、選手、経営陣、このクラブにとって特別なファンにも感謝したい」とコメントしている。

今季限りで、22年にも及ぶ長期政権に終止符を打つことを決断したヴェンゲル監督。現在勝ち進んでいるヨーロッパリーグを制し、有終の美を飾ることができるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ