F・トーレス、もう1度プレミアリーグに来ないか? 元チームメイトはカムバックに期待

リヴァプールでプレイしていた頃のF・トーレス photo/Getty Images

イングランドが合っていると推奨

先日、アトレティコ・マドリードFWフェルナンド・トーレスは今季限りでクラブを離れる決断を下したことを明かした。トーレスがアトレティコを離れるのは2度目となり、次の行き先がどこになるのか注目が集まっている。

アメリカ、アジアなど欧州を離れる案もあるようだが、ストーク・シティでプレイするFWピーター・クラウチはプレミアリーグ復帰案をオススメしている。クラウチはリヴァプール在籍時にトーレスと短期間チームメイトだったことがあり、その特長をよく理解している。

英『Daily Mail』によると、クラウチはプレミアリーグのスタイルがトーレスに合っていると主張。元リヴァプール指揮官ラファエル・ベニテスが指揮するニューカッスルはどうかと提案している。

「今週フェルナンドがアトレティコでキャリアを終えることがないと分かって残念だったよ。彼が育ったクラブを離れるのは2度目だ。フェルナンドはずば抜けたテクニックがあるわけではないから、スペイン人選手タイプではないね。彼はよりイングランド人選手タイプのセンターフォワードだよ。アグレッシブで直線的、それでいてフィニッシュ精度は素晴らしい」

「行き先は興味深いね。ニューカッスルは選択肢になるんじゃないかな。彼はベニテスの下で楽しんでプレイしていたし、ベニテスは彼を再び爆発させられる指揮官だよ」

トーレスがベニテスの下でもう1度プレイすることになれば大きな話題となるだろうが、イングランド復帰はオプションにあるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ