“ジェラール・ピケ2世”が思わぬ苦戦? 年明け以降3試合しかプレイせずイングランド代表にも悪影響か

イングランド代表のストーンズ photo/Getty Images

マンCで出場機会減少

ジェラール・ピケ2世などと言われることもあるマンチェスター・シティ所属のイングランド代表DFジョン・ストーンズが苦戦している。

ストーンズはジョゼップ・グアルディオラの下で大きく飛躍すると期待されており、世界ではスタンダードになっている足下の技術に優れるセンターバックがイングランド代表にも生まれると期待されていた。グアルディオラもストーンズのポテンシャルを認めて辛抱強く起用してきたのだが、ここ最近は状況が異なる。

ストーンズは年明け以降リーグ戦では僅か3試合しか出場していないのだ。主将のヴァンサン・コンパニが戻ってきたことに加え、今冬にはアスレティック・ビルバオからアイメリック・ラポルテが加入。ニコラス・オタメンディも加えての定位置争いが起きており、ここ最近はオタメンディとコンパニのコンビが多い。

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のバーゼル戦1stレグ、アーセナルとのカラバオ杯決勝ではオタメンディとコンパニが先発しており、ストーンズはいずれもベンチから試合を見守っている。

英『Daily Mail』はストーンズがロシアワールドカップを戦うイングランド代表では最終ラインのファーストチョイスになるはずと伝えており、先日のオランダ代表との親善試合でもストーンズは先発フル出場している。

それでも現在クラブで出場機会を失っていることは気がかりで、同メディアはこれがイングランド代表にも悪影響を与えないか気にしているようだ。今回代表に召集されているハリー・マグワイアも経験が浅く、アルフィー・モーソンとジェームス・ターコウスキーに関しては初召集だ。センターバックはイングランド代表のウィークポイントとも言えそうだが、ストーンズも試合勘が不安となれば誰が柱となるのだろうか。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ