No.1GKの座を争ったブッフォンよりも「3歳若くて幸運だった」と語るカシージャス その理由とは……

約1年9ヶ月ぶりに激突する両者

約1年9ヶ月ぶりに激突する両者

良きライバルであり、友でもあるカシージャス(左)とブッフォン(右)photo/Getty Images

ここ十数年、世界No.1GKの座を争ってきたライバルであり、友でもある2人が、約1年9ヶ月ぶりにピッチ上で相見えることとなりそうだ。

22日に行われるチャンピオンズリーグ(UCL)の決勝トーナメント1回戦で、ポルトとユヴェントスが対戦予定。この一戦で特に注目を集めているのが、元スペイン代表GKイケル・カシージャスとイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの激突だ。世界中から称賛される2人のGKが、2015年5月に行われたUCL準決勝レアル・マドリード対ユヴェントス戦以来、約1年9ヶ月ぶりにピッチで顔を合わせる。

そんな中、カシージャスがUEFA公式サイトのインタビューに応じ、ブッフォンについて語った。

「ジジよりも3歳若くて幸運だったと思う。僕は14歳でサッカーを始めた。そのとき彼はもう18歳だったよ。彼のプレイや人間性を見て、僕はいろいろ学ぶことができた。彼を目標にすることで、僕は成長することができたんだ。そして、その後は一緒に進化し、同じようなキャリアを築くことができたね」

さらに、カシージャスはブッフォンとピッチで初めて顔を合わせた2002-03シーズンUCL準決勝の悔しい思い出も明かしている。

「どちらのチームにも素晴らしい選手がたくさん揃っていた。トレゼゲ、ネドベド、ジダン、ロナウド、フィーゴとかね。第1戦は僕らが2-1で競り勝った。もっと点を取っていてもおかしくなかったと思う。でも、ユヴェントスの旧スタジアムで行った第2戦では、フィーゴのPKをブッフォンが止め、その後は3点のリードを許してしまった。僕らは最後に1点返したんだけどね」

はたして、22日の1stLegではポルトとユヴェントスのどちらに軍配があがるのだろうか。ゴールマウスを守る2人の活躍が、運命を左右するかもしれない。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ