鈴木優磨が決勝ゴール! 昨季の2冠王者鹿島、浦和レッズの猛追を振り切ってゼロ杯奪還 

遠藤、2得点で勝利に貢献

遠藤、2得点で勝利に貢献

鹿島は最多6度目のゼロックス杯制覇 photo/Getty Images

「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」が18日に行われ、昨季、J1と天皇杯を制した鹿島アントラーズとJリーグ2位の浦和レッズが対戦した。

今シーズン、初タイトルを目指す鹿島アントラーズは、39分に遠藤康の絶妙なFKで先制。さらに43分にはカウンター攻撃から、金崎夢生のシュートのこぼれ球を遠藤康が押し込んで追加点を重ねた。昨年のチャンピオンシップ決勝で敗れ、リベンジを狙う浦和レッズは74分、途中出場した興梠慎三のPKから1点差に詰め寄るとその1分後、ズラタンのヘディングシュートのこぼれ球を武藤雄樹が流し込み同点に追いついた。

試合を決定づけるゴールは83分に生まれた。浦和DF遠藤航のバックパスを奪った鈴木優磨が、ゴールを決めて鹿島が勝ち越しに成功する。このままタイムアップを迎え、鹿島アントラーズが3-2で浦和レッズを下し、7年ぶり最多6度目となる「FUJI XEROX SUPER CUP」制覇を果たした。鹿島アントラーズは21日から始まるAFCチャンピオンズリーグで蔚山現代と、浦和レッズはウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCと対戦する予定となっている。

[メンバー]
鹿島アントラーズ:クォン・スンテ、西、植田、昌子、三竿(→山本 82)、小笠原、レオ・シルバ(→永木 69)、遠藤、土居、金崎(→鈴木 65)、ペドロ・ジュニオール

浦和レッズ:西川、森脇、遠藤、宇賀神、駒井(→長澤 64)、青木、阿部、菊池(→関根 64)、李(→興梠 46)、武藤、ズラタン

[スコア]
鹿島アントラーズ 3-2 浦和レッズ

[得点者]
鹿島アントラーズ:遠藤(39、43)、鈴木(83)
浦和レッズ:興梠(PK74)、武藤(75)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ