もはや生理的に受け付けないレベル!? “ローマのニンジャ”「僕はユーヴェがずっと大嫌い」

打倒ユヴェントスでコッパ・イタリア優勝を目指す

打倒ユヴェントスでコッパ・イタリア優勝を目指す

ユヴェントス嫌いを告白したナインゴラン photo/Getty Images

セリエA第23節を終えた時点で22試合に出場し、今季も安定したパフォーマンスでローマの中盤を支えているベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが、ライバルクラブであるユヴェントスについて語っている。

「ニンジャ」との愛称で親しまれているナインゴランはまず、伊『Corriere dello Sport』の投稿した動画内で「僕はユーヴェがずっと大嫌いだ。カリアリにいたときは、ユヴェントスを討つためにボールを蹴っていたよ。だから、ユヴェントススタジアムでの戦いはいつも引き分けに持ち込んでいたね」とカリアリ時代を振り返った。

そして「ユヴェントスはよくフリーキックやPKで勝利を収めている。そういうところも嫌いな理由さ。だから、僕は彼らを倒すためにローマへ来たんだ。もし、今季もスクデットを獲得できなければ、僕たちはユヴェントスを倒して絶対にコッパ・イタリアで優勝してみせる。ファンのみんなに誓うよ。そのために、準決勝のラツィオ戦は2連勝するつもりさ。なぜなら、僕は自分を信じているからね」とカップ戦への意気込みなども明かしている。

もはやナインゴランのユヴェントス嫌いは、生理的に受け付けないレベルまで達しているのかもしれない。そのため、これまで何度もあった「ユヴェントスが彼の獲得を目指している」という噂が、実現する可能性はほとんどなさそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ