高まる“もう十分”の声 去就問題に揺れるヴェンゲル監督が示した反応は……

「コシェルニーの発言は捻じ曲げられている」

「コシェルニーの発言は捻じ曲げられている」

長年アーセナルの発展に貢献しているが...... photo/Getty Images

今季のプレミアリーグ第24節終了時点で14勝5分5敗の4位につけているアーセナル。第24節ではチェルシーとの上位直接対決に敗れ、首位との勝ち点差が12に広がるなど、リーグ優勝が極めて難しい状況となっている。

同クラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、同試合で“もう十分、辞めるべきだ”と記されたボードを掲げたサポーターの行動や、自身の采配に疑問を投げかけたとされるローラン・コシェルニーの一件について言及した。英『METRO』や英『THE Sun』が伝えている。

「ピッチ上で披露したパフォーマンスについて、選手一人ひとりが責任を負わなければならない。皆が成すべきことを成せば、チームは自ずと機能するはず。コシェルニーの件については、発言が捻じ曲げられている部分があると考えている。今の状況で大切なのは次の試合にむけて集中することであり、一人のファンの行動にとやかく言うことではない」

長年にわたりアーセナルの発展に貢献してきたヴェンゲル監督。今季で現行契約が満了となる功労者が今、正念場を迎えている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ