負傷回数37回、合計878日間の離脱…… マンC主将の負傷記録がとんでもないことになっていた

19日のクリスタル・パレス戦でも負傷

19日のクリスタル・パレス戦でも負傷

負傷続くコンパニ photo/Getty Images

やっと復帰を果たしたと思ったら、どこかにアクシデントを抱えてピッチ上に座り込む。マンチェスター・シティDFヴァンサン・コンパニは悪いサイクルに入ってしまっている。

19日のクリスタル・パレス戦ではGKクラウディオ・ブラーボと衝突し、脳震とうの疑いで前半37分に交代。しかしこの試合で膝を痛めていたようで、数週間離脱することになってしまった。

コンパニの負傷がなかなか止まらないが、英『sky SPORTS』はコンパニが合計2年半近く負傷が原因で離脱していると紹介した。コンパニは2008年にマンCに加入し、チームのリーグ制覇などに大きく貢献してきた。しかし近年は負傷も多く、ここまで37回も負傷離脱している。日数にすると878日間も離脱していることになり、2年以上をピッチとは別の場所で過ごしていたと考えると恐ろしい。

現在のジョゼップ・グアルディオラが率いるマンCではジョン・ストーンズのようなパスもできるDFが好まれる傾向にあり、コンパニのような選手は理想的なモデルではないだろう。しかし万全な状態のコンパニはチームで最も頼りになるDFであり、プレミアリーグで戦うために必要な高さやパワー、1対1の強さを高次元で備えている。だからこそ負傷が多いのは残念だが、いったいいつコンパニはベストコンディションでシーズンを戦えるようになるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ