C・ロナウドの新パフォーマンスがまるで相撲みたい!? ダービーで見せたセレブレーションが話題に

普段とは違うパフォーマンス披露

普段とは違うパフォーマンス披露

ハットトリックを達成したロナウドphoto/Getty Images

19日のアトレティコ・マドリード戦でハットトリックを決めたレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマンスに注目が集まっている。

1点目のフリーキックを決めた際にはいつも見せているジャンプしながら反転するパフォーマンスを見せたが、2点目と3点目ではそのパフォーマンスはしなかった。2点目のPKを決めた際にはカメラに近寄り、しゃがみながら手を顎に置くポーズを披露。3点目を決めた際には、腰に手を当てながらスタンドを見つめるパフォーマンスを披露した。

この2点目のパフォーマンスがちょっとした話題になっているという。英『Daily Mirror』によると、このパフォーマンスには「トイレに座っているよう」といった意見や、相撲の取り組み前の姿に似ていると言った意見まで出ている。サポーターは他にも画像を加工して楽しんでいるようで、いつもとは違う喜び方を見せたロナウドに注目している。

同メディアはこのパフォーマンスに新しい名前をつける必要があると伝えているが、ロナウドのしゃがんでカメラを見つめるパフォーマンスは相撲流として認識されるのか。普段見せているジャンプするパフォーマンスより好評になるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ