昔のセリエAは”世界最強”だった 現在絶好調の男が憧れたのはセリエA屈指の快速ストライカー

最強のセリエAで輝き放ったFW

最強のセリエAで輝き放ったFW

ローマで好調維持するジェコphoto/Getty Images

現在所属するローマでリーグ戦10得点を記録し、インテルのマウロ・イカルディと並んで得点ランク首位に立っているFWエディン・ジェコ。そんな絶好調のジェコが、かつて憧れていたストライカーと、これまで対峙した中で最もタフなDFを挙げている。

ローマ公式サイトによると、ジェコが憧れていたのはミランで大暴れしたFWアンドリー・シェフチェンコだ。ジェコとはタイプが異なるものの、シェフチェンコは爆発的なスピードを武器にゴールを量産。セリエAを代表する名ストライカーの1人だ。ジェコは当時世界最高のリーグと言われたセリエAで活躍していたシェフチェンコが自分にとってのNo.1FWだと語っている。

「僕のアイドルはシェフチェンコさ。当時のセリエAは世界のベストリーグだったから多くの試合を見ていたし、彼はその中でも僕にとって最高のストライカーだった。ミランでのプレイももちろん覚えているけど、ディナモ・キエフの試合も覚えているよ。彼がバルサ戦でハットトリックを決めたのをね」

また、これまで対戦した中で最もタフなDFにはレアル・マドリードのセルヒオ・ラモスを挙げている。ジェコはラモスと同じリーグで戦った経験はないものの、チャンピオンズリーグで何度かやり合っている。その中でラモスがベストなDFと感じたようだ。

「最もタフな相手を言うのは難しいな。これまで多くのDFと対戦してきたからね。誰か1人を挙げるなら、ラモスかな。彼とはマンC、ローマ、それに代表チームでも対戦している。僕が対戦してきた中では彼がベストDFだよ」

ラモスはスピード、1対1、空中戦と目立った欠点もなく、FWにとっては非常に厄介な相手だ。これまでの対戦でジェコもその厄介さを嫌というほど味わってきたようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ